ホーム>虎太郎屋のこだわり
サドルレザー製品
バイク用革製品
バックル

虎太郎屋のこだわり

プレスを使用しないで革包丁・革鋏で切り取る。

プレスを使用しないで革包丁・革鋏で切り取る。

虎太郎屋は、革の風合いにとことんこだわります。
繊維の向きや細かな傷、そんなところまで気を使いながら裁断するため、全て目と指で確かめながら革包丁・革鋏を使って手作業で行うのです。

効率的に隙間なく取れるプレス機を敢えて使わないこだわり。
それは全て、仕上がりの僅かな違いを大事にしたいからなのです。

どんな細かい所でもミシンを使わない。

どんな細かい所でもミシンを使わない。

虎太郎屋の製品は、どんなに細かい箇所でも全て手縫いです。

革製品は一生もの。
手縫いは、裏表から交互に縫っていきますので、長い年月の中で仮にどこかで糸が切れたとしても、そこから糸がほどけていくことはありません。
ミシンだと、確かに作業は早いのですが、一旦切れるとそこから次々とほどけていってしまうのです。

更に、手縫いでのみ使える丈夫な糸は、ミシンで使用することが出来ません。

ずっと使っていただけるための手間を厭うことはないのです。

職人が最初から最後までを一人で作る。

職人が最初から最後までを一人で作る。

型紙を起こす、革を裁断する、穴を開ける、手縫いする、形を整える、金具をつける…

虎太郎屋では、これら一連の製作作業を、全て一人の職人が手作業で行います。
もちろん、分業化しようとすればいくらでも出来る作業。
そして、そちらの方が効率も良いことは言うまでもありません。

それでも敢えて虎太郎屋はこだわります。
一人の職人が最初から最後までを一人で作る事で生まれる、一体感のあるモノづくりに。

それは、この世でたった一つの、貴方だけの逸品。
全て手作業だから出せる本物の味わい。
だから一生使える。
ずっと、可愛がってやって下さい。