ホーム>制作の流れ
サドルレザー製品
バイク用革製品
バックル

制作の流れ

制作手順<レザー>

携帯ホルダーの製作を例に簡単に作業手順を説明します。
手作業での作業内容が少しでもお分かり頂けると思います。

1. まず適当な大きさに裁断します

作業手順 レザー編

地元の革は大きいので、まず適当な大きさに裁断します。
ある程度の大きさに裁断したら型紙を裁断した革へ合わせてすべてのパーツを革へかたどっていきます。

作業手順 レザー編

2. 線の上を革包丁で裁断していきます

適当な大きさに裁断
ここが一番集中するところで 線の上を革包丁で裁断していきます。各パーツを全て裁断したところで パーツの穴あけなど詳細に加工します。

作業手順 レザー編

3. バインダーで縫う位置を線引きします

線の上を革包丁で裁断していきます

手縫いをするためにバインダーで縫う位置を線引きします。

作業手順 レザー編

4. パンチで穴を開けて交互に手縫いしていきます

バインダーで縫う位置を線引き

線引きした上をパンチで穴を開けて,その穴を上と下からと交互に手縫いしていきます。

作業手順 レザー編

5. 裁断面、角をヤスリで整えていきます

その穴を上と下からと交互に手縫い

全て手縫いした後、特殊な金槌で糸をなじませる為に叩き、裁断面、角をヤスリで整えていきます。
ここで力を入れすぎると焼けてしまうので注意。

作業手順 レザー編

6. ヘリ落としで角を削ります

裁断面、角をヤスリで整えていきます

ヤスリで綺麗に角が取れなった時は、ヘリ落としで角を削ります。
あとパーツによって捻を入れたりします。

作業手順 レザー編

7. 最後に金具を取り付けて完成です

ヘリ落としで角を削ります

大詰めですが、各パーツごとのコバに、トコノールを付けて、糸瓜で磨いていきます。
最後に金具を取り付けて完成です。

作業手順 レザー編

8. 完成

最後に金具を取り付けて完成です

ここで完成です。ここでは結構省略していますので不自然に進んで入るところもありますが、
大まかな作業手順ですので質問があれば聞いて下さいね。

制作手順<シルバー>

シルバーバックルの固定式を例に作業手順を簡単に掲載しました。

 1. シルバーバックルの基

シルバーバックル

これがシルバーバックルの基になる板です。

作業手順 レザー編

2. 罫書きを入れて切断尾準備

シルバーバックルの基

基の板に、バックルの大きさになるように罫書きを入れて切断尾準備をします。

 作業手順 レザー編

3. 糸ノコで罫書き線に合わせて切断します

罫書きを入れて切断尾準備

糸ノコで罫書き線に合わせて切断します。
ここは一番慎重に作業行ってます。

 作業手順 レザー編

4. バーナーであぶり、なましをします

糸ノコで罫書き線に合わせて切断

切断が完了したらバーナーであぶり、なましをします。
なましが充分でないと後で叩き出しの時に板が割れてしまいますので真っ赤になるまで炙ります。
あまり炙り過ぎると溶けてしまい要注意です。

 作業手順 レザー編

5. 型木に乗せ木槌でバックルのアールになるように叩き出します

バーナーであぶり、なましをします

なましが終わったら、型木に乗せ木槌でバックルのアールになるように叩き出します。
ここで職人の腕の見せ所です。
一つ一つ手作業になりますので、確かに微妙に曲がりが違う事もありますが、ほぼ同じように叩きだしをしています。

作業手順 レザー編

6. ベルトを取り付ける金具部分を製作します

木槌でバックルのアールになるように叩き出します

4mmのシルバー丸棒をあらかじめ切断して曲げてベルトを取り付ける金具部分を製作します。

作業手順 レザー編

7. 製作しておいた金具部品をバックルの板にロウ付けします

ベルトを取り付ける金具部分を製作

製作しておいた金具部品をバックルの板にロウ付けします。
ここで私はよく火傷します!

作業手順 レザー編

8. バックルの形になったところです

バックルの板にロウ付け

これがロウ付けが終わって、バックルの形になったところです。

 

作業手順 レザー編

9. バフを使って鏡面仕上げをします

バックルの形になったところ

ロウ付け後は焼けた後がありますので、バフを使って鏡面仕上げをします。
だいたい30分くらい磨かないと綺麗にはなりません。

作業手順 レザー編

10. 完成

バフを使って鏡面仕上げをします

シルバーバックルの完成です。