ホーム>制作の流れ>レザー編
サドルレザー製品
バイク用革製品
バックル

レザー編

制作手順<レザー>

携帯ホルダーの製作を例に簡単に作業手順を説明します。
手作業での作業内容が少しでもお分かり頂けると思います。

1. まず適当な大きさに裁断します

作業手順 レザー編

地元の革は大きいので、まず適当な大きさに裁断します。
ある程度の大きさに裁断したら型紙を裁断した革へ合わせてすべてのパーツを革へかたどっていきます。

作業手順 レザー編

2. 線の上を革包丁で裁断していきます

適当な大きさに裁断
ここが一番集中するところで 線の上を革包丁で裁断していきます。各パーツを全て裁断したところで パーツの穴あけなど詳細に加工します。

作業手順 レザー編

3. バインダーで縫う位置を線引きします

線の上を革包丁で裁断していきます

手縫いをするためにバインダーで縫う位置を線引きします。

作業手順 レザー編

4. パンチで穴を開けて交互に手縫いしていきます

バインダーで縫う位置を線引き

線引きした上をパンチで穴を開けて,その穴を上と下からと交互に手縫いしていきます。

作業手順 レザー編

5. 裁断面、角をヤスリで整えていきます

その穴を上と下からと交互に手縫い

全て手縫いした後、特殊な金槌で糸をなじませる為に叩き、裁断面、角をヤスリで整えていきます。
ここで力を入れすぎると焼けてしまうので注意。

作業手順 レザー編

6. ヘリ落としで角を削ります

裁断面、角をヤスリで整えていきます

ヤスリで綺麗に角が取れなった時は、ヘリ落としで角を削ります。
あとパーツによって捻を入れたりします。

作業手順 レザー編

7. 最後に金具を取り付けて完成です

ヘリ落としで角を削ります

大詰めですが、各パーツごとのコバに、トコノールを付けて、糸瓜で磨いていきます。
最後に金具を取り付けて完成です。

作業手順 レザー編

8. 完成

最後に金具を取り付けて完成です

ここで完成です。ここでは結構省略していますので不自然に進んで入るところもありますが、
大まかな作業手順ですので質問があれば聞いて下さいね。